重機・建機ごとに必要となる免許・資格とは「免許・資格種類一覧」

重機・建機ごとに必要となる免許・資格とは「免許・資格種類一覧」

パワーゲート 建設現場や土木工事、解体工事など、様々な場面で活躍している重機・建機ですが、トラックなどの自動車とは違い専門的な操作技術や知識が必要となる重機や建機は、重機や建機の操作はもちろん、機械ごとの構造や作業に関する知識、関係する法令を習得する必要があります。

基本的に、自動車の教習所のように学科と実技を経て最終的に終了試験に合格することで「資格」を取得できるのですが、重機・建機がもつ機能や作業内容によって取得する資格に違いがあります。
そこで今回は、重機・建機ごとに必要となる各資格についてまとめてみました。

「無資格運転には要注意」

重機や建機を使用して無資格で作業した場合は、労働安全衛生法により「事業主は6ヶ月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、無資格で操作・運転した者は50万円以下の罰金に処せる」と定められています。

また、インターネットでよく「私有地であれば免許・資格が無くとも運転操作することが可能」という書き込みがありますが、労働安全衛生法で「資格を受けたものでなければ、その作業に就かせてはならない」と定められており、物損事故や人身事故を起こしても一切の保険が利きませんので全て自分で対応することになります。さらに、事故の内容がひどい場合は労安法違反や刑罰の対象として罰せられることもありますので、重機や建機を操作するのであれば必ず資格を取得してください。

資格の区分は大きく分けて2種類

重機や建機の資格には、たとえ同じ機械を使用する場合でも大きく分けて2種類の資格があり、間違えてしまうと重量制限により目的の重機・建機の操作ができない可能性もありますので、使用する機械の重量などに合わせた種類の資格を取得するように注意してください。

「特別教育」

技能講習に比べて学科と実技の教育時間が短く、簡単に取得することができますが様々な制限があります。例として「3t未満のものに限る」というような重量制限などが付いた資格となります。

「技能講習」

労働局長登録教習機関により学科と実技の講習が行われているもので、重量のある重機や建機でも操作することができます。また、誰でも受けられるものや、一定の資格が必要なものがありますが、特別教育の上の資格となりますので技能講習で資格を取得すれば特別教育は不要です。

資格ごとの操作できる重機・建機一覧

「車両系建設機械運転者」

「資格区分」
・車両系建設機械:(整地・運搬・積込み及び掘削用):(解体用)
技能講習:機体重量3t以上
小型車両系建設機械:(整地・運搬・積込み及び掘削用):(解体用)
特別教育:機体重量3t未満

「運転操作が可能な機械」

  • ブルドーザー
  • モーターグレーダー
  • トラクターショベル
  • ずり積機
  • スクレーパー
  • スクレープドーザー
  • パワーショベル
  • ドラグショベル
  • ドラグライン
  • クラムシェル
  • バケット掘削機
  • トレンチャー
  • ミニショベル
  • 油圧ショベル
  • 大型油圧ショベル
  • ホイールローダール

など全ての車両系建設機械

「不整地運搬車運転者」

「資格区分」
・不整地運搬車運転技能講習:最大積載量1t以上
・不整地運搬車運転特別教育:最大積載量1t未満
「運転操作が可能な機械」
クローラー式不整地運搬車、タイヤ式不整地運搬車

「締固め用機械運転者」

「資格区分」
・締固め用機械(ローラー)運転者特別教育:重量制限なし
「運転操作が可能な機械」
ロードローラー、タイヤローラー、振動ローラー、ハンドガイドローラー、道路舗装用の小型機、など全ての締固め用機械

「ショベルローダー等運転者」

「資格区分」
・ショベルローダー等運転技能講習:最大荷重1t以上
・ショベルローダー等運転特別教育:最大荷重1t未満

「移動式クレーン運転士」

「資格区分」
・移動式クレーン運転技能講習:吊上荷重5t以上
・小型移動式クレーン運転技能講習:吊上荷重5t未満
・移動式クレーンの運転の業務にかかる特別教育:吊上荷重1t未満

「移動式クレーン運転士」

「資格区分」
・移動式クレーン運転技能講習:吊上荷重5t以上
・小型移動式クレーン運転技能講習:吊上荷重5t未満
・移動式クレーンの運転の業務にかかる特別教育:吊上荷重1t未満
「資格区分・運転操作が可能な機械」
・クレーン・デリック運転士免許:吊上げ荷重5t以上を含め全てのクレーンとデリックを運転操作できる
・クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定):吊上げ荷重5t以上を含む全てのクレーンを運転操作できる
・クレーン・デリック運転士免許(床上運転式クレーン限定):吊上げ荷重5t以上の床上運転式クレーンと、5t未満のクレーンを運転操作できる

「高所作業車運転者」

「資格区分・運転操作が可能な機械」
・高所作業車運転技能講習:作業床の高さ10m以上全ての高所作業車
・高所作業車運転特別教育:作業床の高さ2m以上10m未満の高所作業車

「フォークリフト運転者」

「資格区分」
・フォークリフト運転技能講習:最大荷重1t以上
・フォークリフト運転特別教育:最大荷重1t未満
「運転操作が可能な機械」
  • フォークリフト
  • ストランドルキャリア
  • コンテナキャリア
  • トップリフター
  • クランプリフト
▲ページ TOP